静電気と腱鞘炎

今年の冬は寒い上に、何だかいつも以上に乾燥しているように感じます。
(年齢によるカサつきも否めませんが…笑)
今日の研究室の湿度は11%…猛烈にカラッカラです。
この、乾燥の影響か、静電気がいつも以上に激しく、実験作業に影響しています。
e0056272_01331489.jpg

チップの先から液が離れなかったり、
思いもよらない場所に滴下してしまったり、
外したチップがピペットに纏わり付いたり…

気がつけば、何だか髪の毛も逆立ち気味…

PCR三昧だったので、何十枚ものプレートへの分注作業が続いていたのですが、
静電気で思うように作業が進まないので
手が力んでいたようで…腱鞘炎のような状態になってしまいました(・・;)
イタイです。

使う手袋によって、静電気の発生具合に違いがあるのと気づいた時には実験終了(笑)

今後のために、ノートにメモしておきました。

最近では、RNAの抽出からリアルタイムPCRまで
完全自動でやってくれる機械もあるんですよね…
そんな高価な機械は、カタログ以外ではお目にかかる事も無いですが…笑


夜中に大騒ぎしている猫たちも、帯電しているようです。
静電気バチバチで、暗闇の中で光を放ちながらプロレスしています(笑)
写真撮れたら、かなり面白いんですけどね…




いつもご訪問ありがとうございます♪


[PR]
トラックバックURL : http://polyphenol.exblog.jp/tb/25364327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cawa-miu at 2017-02-23 14:59
夜光る猫、見てみたいですね~~♪
私の同僚はPCR作業のとき腱鞘炎予防にプロテクターしてました(笑)
Commented by tenshinoringo at 2017-02-23 22:24
claws-miuさん

暗闇でドラゴンボールみたいに戦闘してますよ(笑)

やっぱり…PCRって、そうなりますよね(^_^;)数が多いと本当に手が辛いんですよねー
by tenshinoringo | 2017-02-15 00:55 | Trackback | Comments(2)

始まりはファーブル昆虫記とシートン動物記・・・そしてつくば万博と白衣への憧れ。アンポンタンな短卒派遣社員研究員から苦節10ウン年。大学教員を経て、次なるステップに歩み始めたヘッポコ研究員の日常です。


by tenshinoringo
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30