<伊吹文科相>英語必修に慎重な考え示す

<伊吹文科相>英語必修に慎重な考え示す
 
次期学習指導要領に盛り込まれる見通しの小学校5年生以上の英語必修化について、伊吹文明文部科学相は27日、「必須化する必要は全くない。まず美しい日本語が書けないのに、外国の言葉をやってもダメ」と必修化に慎重な考えを示した。文科省が実施した市民からの意見募集でも必修化に消極的な意見が約4割を占めており、今後論議を呼びそうだ。
 伊吹文科相は、英語教育よりも最低限の素養や学力を身につけさせることが先決だという認識を示した。さらに中央教育審議会が英語必修化を答申した場合について、「中教審のお考えを入れるか入れないかは、私が判断をしなければいけない」と述べた。


いい事だとおもいます。
母国語をきちんと話せないのに、外国語を必修しても意味がありません。
まずは美しい日本語をきちんと話し、読み、書く・・・それが一番大事です。
今の世の中、かなりひどいですからね。
日本語を話せない、書けない、読めない!
じゃあ英語が出来るのかと言ったら、全然出来ない。
今の子たちなんて、私が学生の頃よりはるかに早く、多く
英語に接して来たはずなのに・・・

脳の発達においても、幼少期から外国語を教えるのは良くないと
大学の授業で生理学や心理学の先生はおっしゃっていました。
海外で生活する子供達のように、英語で完全にcommunicationをとる
と言うのであればまだいいのですが
中途半端に日本語も英語も・・・と詰め込むと
言語中枢が混乱してしまうのだそうです。
自分の意志や気持ちをどう表現すればいいのか
あまたの中で大混乱が起きてしまうのだとか。
無意識のうちにストレスが蓄積し精神衛生上も良くないそうです。
まずは母国語できちんとした言葉を話し、
気持ちや意志を表現出来るようになることが最も大事だとか。

Moreをクリック↓↓続きはこちら↓↓



躍起になって幼少期から子供に英語を習わせる親御さんが多いですが
ちょっと、考えてみましょう。
日常生活での日本語の会話がほとんどであれば
結局、日本語がその子の言語の基本になっていますから、
その子が話せる日本語のレベル以上の
英語を話すことは出来ないわけです。
ということは幼少期から習わせても、
それほどスゴイ英語が出来るようにはなりません。
This is a Pen. 程度の会話だったら十分、中学校からでも間に合います。
ある程度、母国語としてきちんと言語が脳に定着している状態から
外国語を習う方が、より言語として理解しやすく
きちんと習得出来るとも言われています。

ただ、子供の頃から”外人”や”英語”に対する恐怖心やコンプレックスを
なくすようにするというのは必要だと思います。
外国人を見るだけで逃げたり、目をそらしてしまうようでは困りますよね。
そうした恐怖心や苦手意識をなくすためにも
外国人や海外の文化とふれあう機会を増やすのは良いと思います。
なかなか個人で外国人とお友達になる機会は少ないので
学校の授業の中で、”英語”としてではなく
文化交流のような感じで、外国人の先生と何かをするとか
そういうのがあるとイイかもしれませんね。

兎にも角にも、まずは美しい日本語をきちんと話せる・・・
そういう子供達を増やして欲しいですね。。。
国際交流をするに当たって、英語が話せることも大事ですが
母国の言葉をきちんと話し、読み書き出来ること、
そして日本の文化をきちんと理解すること・・・・
これが何よりもまずは必要なのではないかと私は思います。
[PR]
トラックバックURL : http://polyphenol.exblog.jp/tb/4223540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Qちゃん at 2006-09-29 00:05 x
なるほど。幼稚園から英語教室に通ってる子が英語が堪能になったという話は聞かないですね。発音抜群の人は英語圏で生まれ育ったとか、親が英語圏の人とかで、両親とも日本人で日本で生まれ育ってる場合は無理でしょうね。
Commented by みみ(男) at 2006-09-29 12:25 x
こんにちは。再び遊びに来させて頂きました。ぼくも天使のりんごさんのご意見に全面的に賛成です。自分の英語が得意ではないのは日本語のせいなのかもしれません。英語で大事なのはきっと、口の形を含むしっかりした発音とリズム、耳だと思うので、それをできるようになるために、きっと必要なのは少なくとも従来の授業の様な形ではないでしょうね。文法を始めたのは修士の2年からですし(やれやれ)。今これを書いていたら僕みたいな人がいるのも問題かもしれないと思い始めてしまいましたが....。
Commented by tenshinoringo at 2006-10-01 11:55
Qちゃんさん>まずはシッカリと”言語”を身につけないとダメなんですよね。
Commented by tenshinoringo at 2006-10-01 11:57
みみさん>そうですね!”耳”は絶対大事だと思います。確か、歌が上手な人は耳が良いからなんだそうです。そして、そういう人は英語など外国語の習得も早いといわれています。確かに、赤ちゃんは”耳”で言語を覚えていくわけですから、納得ですね。
Commented by くまねこ at 2006-10-02 12:31 x
習得した外国語のレベルは母語(国を持たない民族もありますから、“母語”の方がより正確です)のそれを越えられませんから、母語のレベルを上げざるを得ないことに最終的には気づくんですよね。。。にしても、三十超えてから外国語を必死こいて勉強しても伸びがやっぱり遅いですよ。でも文句ばっかり言っても仕方がない。若いもんに負けないように頑張らないとね!!!
Commented by tenshinoringo at 2006-10-02 20:04
くまねこさん>やっぱりそうですよね。TVなどでも脳神経関係の先生など、口を揃えて、母語の習得の大切さを語っていました。”言語”というものがきちんと定着しないうちにあれこれやったって結局無意味なんですけどね・・・・
by tenshinoringo | 2006-09-28 11:13 | ニュースあれこれ | Trackback | Comments(6)

始まりはファーブル昆虫記とシートン動物記・・・そしてつくば万博と白衣への憧れ。アンポンタンな短卒派遣社員研究員から苦節10ウン年。大学教員を経て、次なるステップに歩み始めたヘッポコ研究員の日常です。


by tenshinoringo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30