人気ブログランキング |

トップリーグ開幕

1月12日、ラグビートップリーグが開幕。
神戸製鋼 vs キャノンを観戦してきました!
JAPAN代表、元オールブラックスなどスター多数の神戸製鋼と、
田村優&田中史朗というJAPANの司令塔を有するキャノン。
古参ファンにもにわかファンにも大人気の好カードです。
トップリーグ開幕_e0056272_23334755.jpg
会場1時間前で、この混雑ぶり。
トップリーグ開幕_e0056272_23024338.jpeg
チケットの売り切れなども相次いでいたので、
混雑を覚悟して早めに会場に行きましたが
ここまで凄いとは思いませんでした。
ラグビー人気、すごいです!
トップリーグ開幕_e0056272_23345991.jpg
こちら、神戸製鋼マスコットのコーロクンと
キャノンマスコットのカノンちゃん。
コーロクンはフレンドリーで、ものすごく絡んできます(笑)
トップリーグ開幕_e0056272_23350151.jpg
等身大より、やや小さめのパネル。
(なぜ等身大では無いのだろう??)
カーター&エリスと記念撮影。
トップリーグ開幕_e0056272_23350379.jpg
無料でそれぞれのチームの応援グッズやメンバーパンフが配られたり、
グッズ販売やファンクラブブースがあったり、
選手達との交流イベントがあったり、
古参ファンもにわかミーハーファンもかなり楽しめます。

エリスカップをかぶる、ツワモノも…
トップリーグ開幕_e0056272_23435045.jpg
観客席は最上段までギッシリです。
古参ファンの方々も大盛況ぶりに驚いていて
「あの上の方に人がいるのは、見たことない」と、
観客席の写真を盛んに撮っていました。
(ユニバスタジアムの来場者数は23000人だったそうです)←トップリーグ開幕戦最多
トップリーグ開幕_e0056272_23462365.jpg
生で観ると、ラグビーの迫力やスピード感がより強く感じられます。
トップリーグ開幕_e0056272_00055790.jpg
トップリーグ開幕_e0056272_00060181.jpg

トップリーグ開幕_e0056272_00060732.jpg

トップリーグ開幕_e0056272_00172638.jpg

トップリーグ開幕_e0056272_00172987.jpg
JAPANの司令塔、田村優。
トップリーグ開幕_e0056272_00061058.jpg
元オールブラックス、世界のダン・カーター!
トップリーグ開幕_e0056272_00061315.jpg

前後半80分は、あっという間。
どちらも素晴らしいプレーがたくさんありましたが、
やはり神戸製鋼は強かった!
今年も優勝候補間違いないですね。


「スタジアムで観戦するの楽しいね!」
「テレビと全然違う!すごい!」
「いまだに何だかルール分かってないけど超おもしろい!」
「どっちのチームも応援出来るのがいいねー」
「ほかのチームもみてみたい!」
 
などなど、にわか→立派なファンへと昇格している人がたくさん居るようでした。
一緒に行った友人も、初ラグビー観戦でしたが
大興奮でめちゃくちゃ楽しんでいました。
私も大満足でした!

また行けるといいな。


いつもご訪問ありがとうございます♪

# by tenshinoringo | 2020-01-14 22:56 | ラグビー | Trackback | Comments(2)

ポムの成長

甲斐甲斐しく、ピノの世話をするポム。
ポムの成長_e0056272_01042702.jpeg
すっかり大人になりました。
ポムの成長_e0056272_01050745.jpeg
カシスやマロンが居た時は、ベタベタの甘えん坊。
末っ子気質でやりたい放題していたけれど、
カシスにもマロンにも随分と可愛がられていました。

そんなにポムも今ではシッカリとピノの面倒をみています。
カシスからマロン、
マロンからポムへ…
ちゃんと受け継がれているなぁ…としみじみ。

そうは言っても、やっぱり甘えん坊。
育児(?)の合間は、私にベッタリです。
ポムの成長_e0056272_01154340.jpeg

今夜は雪がしんしんと降っています。
雪国を共に過ごしたカシスとマロンを思い出します…




つもご訪問ありがとうございます♪

# by tenshinoringo | 2020-01-08 01:02 | ペット(猫・熱帯魚) | Trackback | Comments(0)

ハクチョウ

買い物の途中、ふと川に目線を向けるとハクチョウが!
慌てて川原の駐車場へ車を停めました。

ハクチョウ_e0056272_23584864.jpeg
コハクチョウ…かな?
とても可愛らしい顔をしています。
ハクチョウ_e0056272_23593934.jpeg
ハクチョウ_e0056272_23595954.jpeg
灰色をした若者も居ました。
遠路はるばる、頑張って飛んできたんだなぁ…
ハクチョウ_e0056272_00015605.jpeg
バサバサバサバサ…
羽ばたくと大きな音がします。
ハクチョウ_e0056272_00030789.jpeg
ハクチョウ_e0056272_00033843.jpeg
川原の石ころと同化してますが、
ハクチョウ以外にも沢山の鳥たちが居ます。
ハクチョウ_e0056272_00044368.jpeg
ハクチョウ_e0056272_00053176.jpeg
ハクチョウ同士でやかましくオシャベリしたり、
小さな他の鳥を追っかけ回したり、
自慢の羽根を念入りにお手入れしたり、
ギャラリーの人間に餌をねだったり…
見ていて飽きない方々です。

しばらくココに居るのかな。
また見にこよう。




いつもご訪問ありがとうございます♪

# by tenshinoringo | 2020-01-05 23:55 | 季節・風景 | Trackback | Comments(2)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
あけましておめでとうございます_e0056272_11504667.jpeg

職位が変わったことで焦りや不安が強く、
働き方改革と逆行し、明らかなキャパオーバーになった昨年…
今年は心の置き場を少し変えて、余裕を持って仕事に取り組めるようにしたいと思います。
笑えなくなるほど仕事しても、良い成果にはつながりません。

そんな怒涛の1年でしたが、研究を通じて新たな出逢いが沢山ありました。
厳しい環境とは言え、気の合う愉快な同僚も出来ました。

明るく楽しく元気よく!
今年はコレで行きます。
小学生のような目標ですが大切な事だと思います。

焦らずに1歩1歩(^^)
感謝と謙虚さを忘れずに。

ポム&ピノ共々、よろしくお願いします。
あけましておめでとうございます_e0056272_11574387.jpeg




お正月は駅伝などスポーツ観戦しながら、ゆるりと過ごしています。
あけましておめでとうございます_e0056272_11584160.jpeg
今年のお正月の食卓はこんな感じ。

箱根駅伝は混戦模様。
なかなか面白いです。



いつもご訪問ありがとうございます♪

# by tenshinoringo | 2020-01-02 11:17 | 季節・風景 | Trackback | Comments(0)

大晦日

ついに大晦日となりました。

職場が変わり、職位も上がりPIとなったので、
今まで以上に心身共に厳しい1年でした。
斜め上をいく出来事も沢山ありましたが、
同じくらい良い出逢いも、素敵な事も沢山あったと思います。
ピノとの出逢い、マロンとの別れもありました。

支えてくださった全ての方々に心より感謝申し上げます。

来年は、どんな年になるのでしょう。
楽しみです。

何とか片付けを終わらせ、ゆったり年越しです。

十割そばを購入したので、冷たいお蕎麦でいただくことに。
先日、帰省した際に地元の道の駅で購入した野菜を天ぷらにしました。
大晦日_e0056272_20335167.jpeg
大晦日_e0056272_20354635.jpeg
 後ろのマグカップはスターバックスで見つけたネズミさん。
マウスとかラットと言ってしまう人は職業病…(^^)
大晦日_e0056272_20381440.jpeg
ポムさんはベッタリ膝の上です。
これから、おせちを作りたいのですが…
いつ退いてくれるかなぁ。



1年間ありがとうございました。
来年もポム&ピノと共々、よろしくお願い申し上げます。

良いお年をお迎えください。




いつもご訪問ありがとうございます♪

# by tenshinoringo | 2019-12-31 20:12 | 季節・風景 | Trackback | Comments(0)

Merry Christmas

今日はクリスマスイブですね。
各家庭のサンタさん達は、早めに帰宅したようです。

愉快な同僚達がケーキを持って私の居室に押しかけてきて、
強制的にクリスマスお茶会が開催されました(笑)
Merry Christmas_e0056272_18262652.jpeg
美味しくいただきました。
ありがとう。

今夜は冷えますね。
サンタさん達も、世界中を飛び回って大変ですね。

皆さま、素敵なクリスマスイブをお過ごし下さい。
Merry Christmas_e0056272_18325214.jpeg
(Quebec, Canada, 2017)



いつもご訪問ありがとうございます♪

# by tenshinoringo | 2019-12-24 18:23 | 季節・風景 | Trackback | Comments(0)

マロン


お久しぶりの投稿です。

ようやく心の整理がついて来たので、マロンのことをご報告致します。

2019年10月13日、茶トラのマロンが永眠しました。
マロン_e0056272_14384731.jpeg


少し長くなりますが、マロンの体調不良から旅立つまでのことを記します。

8月中旬、マロンの食欲が減退していることに気づきました。
以前にも、猛暑になると夏痩せする傾向があったの、一週間ほど様子を見ていましたが。。。。
目に見えて痩せるほど食欲がなくなり、
また突如、身体に大きなコブのようなモノが出現し、歩行に支障をきたしていた為、
すぐに病院へ連れて行きました。

右後肢の付け根あたりに、ゴルフボール大のコブが突如出現し
歩行に支障をきたすようになりました。
マロン_e0056272_14331422.jpeg















血液検査、細胞診、レントゲン、エコー検査・・・
マロンが大暴れしたこともあり、一部の検査は日を改めて麻酔下で行ったこともあり
全ての検査が終了し、結果が分かるまでに1ヶ月ほどを要しました。

結果は脾臓の悪性リンパ腫とシュワン細胞性悪性神経鞘腫の2つのガンでした。
この時、肺に水が溜まっており、水抜き処置もして頂いたのですが
600mLもの胸水が採れたそうです・・・

食欲不振と胸水は脾臓リンパ腫からくる症状、
歩行困難、麻痺などはシュワン性悪性神経鞘腫によるもの。
(突如出現したコブです)

シュワン性悪性神経鞘腫というのは、私は聞いたことのない病気でした。
神経に巣食う悪性腫瘍で、静かにゆっくりと神経に沿って進行し、
気づいたときには、かなり進行している・・・という事も少なくないそうです。
再発性が高いこともあり、外科的に切除する場合は、
病変部位とその周辺を大きく削り取る必要があるのだそうです。
マロンの場合、脊髄近くに病変があった為、脊髄を通して深く広く進行している可能性が高く、
外科的切除は極めて難しいという事でした。

また脾臓の悪性リンパ腫も、抗がん剤による治療がメインとなるけれど
マロン自身への負担が大きいこと(副作用および通院ストレス)や
仮に寛解したとしても、劇的な延命は望めないとのこと。

病院嫌いなマロンに、無理強いすることはしたくありませんでしたので、
対処療法のみで、自宅でゆっくり過ごさせることにしました。

ただ、胸水が溜まるという問題がありました。
胸水が溜まると呼吸困難になります。
痛みよりも何よりも、呼吸が出来ないことはQOLを低下させ、命にも関わります。
その対策として、胸水を抜くためのドレーン(排水管)を装着し
私が自宅で毎日、胸水を抜くことにしました。

ドレーンを装着した様子。
傷口とドレーンを保護する為、術衣を着ています。
朝晩、水抜きを行いました。毎回100mL以上採れました。
マロン_e0056272_16042648.jpg















当初、ピノによるストレスでFIP(猫伝染性腹膜炎)を発症したのだと思いましたが、
そうではなく、上記の2つのガンでした。
特に、シュワン性悪性神経鞘腫に関しては数年かけて進行していた可能性があると言われました。
思い当たるフシがあり・・・2年ほど前から、マロンは階段を一歩ずつ慎重に降りるようになっていました。
(駆け下りる事ができない)
おそらく、そのくらいから神経症状が出ていたのだと思います…
異変に気づいていたものの、年齢的なことかな?と見過ごしてしまっていました。

食欲は全くなく、毎日液状の飼料を強制給餌で与えるのみ。
歩くのもおぼつかないほど、ヨロヨロしていてもトイレと水を飲むことだけは自分でしていました。

旅立つ前日は、急に元気になり、色々と主張してきました。

窓辺の本棚の上は、お気に入りの場所。
もう、ヨロヨロで登れなくなっていましたが、
この日は「ここに上がりたい!!!」と主張してきたので乗せてあげました。
2〜3時間、日向ぼっこしながら外を眺めて嬉しそうでした。
マロン_e0056272_14352156.jpeg














ピノとも何やら長いこと一緒にいました。
マロン_e0056272_14350874.jpeg













マロン_e0056272_14345215.jpeg















ポムとの写真は撮っていませんが、ポムとも一緒に過ごしていました。
その様子を見て、、、長くないのだなと、覚悟を決めました。

この日の夜は台風19号で、外は荒れ狂っていました。

そして・・・・10月13日23時55分。
ラグビーの歴史的勝利のテレビ放映が終わった直後、
容態が急変し…あっという間でした。
苦しむマロンに何も出来ず、ただひたすら声をかけ、身体をさすることしか出来ませんでした。
私の腕のなかで、最後に大きく息を吐き旅立ちました。

何がベストだったのかは分かりません。
ガンの発覚から約一ヶ月でした。
人見知りだけど寂しがりやな猫でした。

2009年10月8日に猛威をふるった台風18号に乗って飛ばされてきたマロン。
2019年10月13日に、全く同じような経路を辿った台風19号と共に空に帰っていきました。
マロン_e0056272_14361251.jpeg














面白おかしいエピソード満載の猫でした。
外にいる私を知らない人だと思い、全力で威嚇・・・
(脱走事件もあったねえ・・・)
マロン_e0056272_14363757.jpeg













家のカーテンをせっせと外してみたり…
マロン_e0056272_14363231.jpeg



















カシスのことが大好きでした。
マロン_e0056272_14361902.jpeg













ちゃんと、ちびっこの面倒も見る、優しい猫でした。
怒らず、我慢強い猫でした。
マロン_e0056272_14372525.jpeg














マロン_e0056272_14375415.jpeg














マロン_e0056272_14381132.jpeg



















マロン_e0056272_14383925.jpeg














マロン_e0056272_14380884.jpeg


















私に一番負担をかけない日、
そして絶対に忘れない日に旅立ちました。
ラグビー観戦も邪魔せずに…タイミングを見計らったように。
カシスが迎えに来たのかもしれません。

カシスは母の誕生日、
マロンは私の誕生日が命日になりました・・・

火葬後、だれよりも大きな骨壷で戻ってきたマロン。
あまりの大きさに思わず笑ってしまいました。
おもしろおかしい猫でしたが、骨壷で笑いをとるとは(笑)
マロン_e0056272_14360249.jpeg













猫とは思えない身体の硬さで、ドスドスと大きな音を立てて歩く猫でした。
その足音が聞こえず、とても寂しく感じます。
苦しさから開放されて、今は大好きなカシスと一緒にいるのかな。
マロン_e0056272_17175033.jpg













うちに来てくれて本当にありがとう。
またいつか、会おうね。
マロン_e0056272_17175322.jpg












# by tenshinoringo | 2019-12-20 20:00 | ペット(猫・熱帯魚) | Trackback | Comments(2)

決勝…そして閉幕

とうとう迎えた決勝。

イングランド VS 南アフリカ

最初はPGの応戦で大接戦。
さすが決勝戦、両チームとも簡単にトライは出来ません。
それでも、やっぱり南アフリカは強かった。
後半、イングランドは動きが止まりミスを連発。
一方の南アフリカは…
最後の最後まで、強く、早く、高く、正確でした。
デクラークは最後まで元気いっぱい、サラサラ髪をなびかせていました。

南アフリカ優勝!

コリシは南アフリカ初の黒人のキャプテン。
とてもとても大きな意味を持つ、まさにONE TEAMでの優勝。
大統領も代表OBたちも喜んでましたね!
南アフリカ、おめでとう!!!
決勝…そして閉幕_e0056272_23484543.jpeg
決勝…そして閉幕_e0056272_23491248.jpeg
決勝…そして閉幕_e0056272_23494772.jpeg
試合後、ロッカールームを訪れたヘンリー王子を
国旗柄パンツ一丁にメダルというシュールな格好で迎える選手達に爆笑しました。
ヘンリー王子が来るなんて、思ってもいなかったのでしょうね(笑)
そんな選手達に、自ら一人一人声を掛けて祝福してハグする王子も何だか素敵でした。


そして、W杯が終わってしまった…
World rugby award 2019のネットLive配信を観ながら
これが日本で行われているなんて…と、また感激。
そして、本当に終わってしまったという寂しさに襲われています。

様々な人の想いに溢れたW杯でした。
毎日、毎日感動する1ヶ月半でした。
選手もスタッフもファンも何もかもが素晴らしく
W杯の全てに感謝です。 

トップリーグに来る海外選手も多数居るので
これからもラグビーから目が離せません!

来年は東京オリンピックで7人制ラグビーが行われます。
前回、JAPANはオールブラックスを破ってベスト4。
福岡堅樹くんも、7人制代表を目指すそうなので楽しみです。

2023年はフランス!
今からお金貯めよう…



いつもご訪問ありがとうございます♪

# by tenshinoringo | 2019-11-03 23:34 | ラグビーワールドカップ | Trackback | Comments(2)

準決勝と3位決定戦

決勝戦が始まる前に、急いで投稿!

あともう少しでW杯が終わってしまう…
寂しくて仕方がありません。

さて、準決勝と3位決定戦について軽くコメント。

まずは…
オールブラックス VS イングランド
両チームの物凄い気迫がぶつかり合った試合前。
V字陣形&不敵の笑みでハカを迎え撃ったイングランド。
鳥肌が立つくらいゾクゾクしました。
試合はイングランドが完全にオールブラックスを封じる展開。
まさかのオールブラックス敗退…
オールブラックスを応援していたのでショックでしたが反面、イングランドの強さに驚きました。
いや、エディさんの凄さか…

もう一方の準決勝
ウェールズ VS 南アフリカ

個人的にはウェールズを応援していました。
息が出来なくなるくらいの大接戦。
最後の最後、PGで勝敗が…南アフリカの勝利。
うーん、悔しいなぁ。

何故、ウェールズ贔屓だったのか…その理由は…
実はこの日、私は仕事で都内某所おりました。
何やらウェールズファンらしき人が沢山いるなぁと思っていたら
なんと、ウェールズ代表が宿泊しているホテルだったのです!
詳細は語ると大変なので省略しますが…
試合前に練習に向かう選手たちを間近で見ることができました。
準決勝と3位決定戦_e0056272_17570649.jpeg
準決勝と3位決定戦_e0056272_17581388.jpeg
休日出張でウンザリしていたのですが思わぬ大幸運でした。
選手を見ちゃうと、応援したくなりますよね(^^)

3位決定戦は
オールブラックスVSウェールズ

準決勝の敗戦で少しションボリしていたオールブラックスでしたが
見事に持ち直して、大勝利でした。

ウェールズもオールブラックスも、
代表引退する選手が居るので、試合後はちょっと寂しい気持ちになりました。

表彰式や試合後のセレモニーには選手たちのお子さんが一緒に参加していて、とても可愛らしかったですね。
選手も試合が終われば、優しいお父さん。
素敵なシーンでした。


さあ、決勝戦!
泣いても笑っても、この1試合でW杯が終わってしまう…

どちらがエリスカップを手にするのか⁈

いつもご訪問ありがとうございます♪

# by tenshinoringo | 2019-11-02 17:00 | ラグビーワールドカップ | Trackback | Comments(2)

決勝トーナメント

ラグビーW杯は、いよいよ決勝トーナメントが始まりました。

イングランド対オーストリア
ニュージーランド対アイルランド
イングランドとニュージーランドが本当に強くて、圧倒されました。
強豪チームは決勝トーナメントにピークを合わせているので
W杯開催中にどんどん仕上がって行きます。
準決勝は、イングランド対ニュージーランド。
凄い試合になりそうです。

今日行われたウェールズ対フランス。
過去の対戦成績からも実力の拮抗している国同士。
最初は美しいフランスのトライが立て続けに出たので
これはフランスが勝つかな??と思いました。
しかし、そこからウェールズの巻き返しが凄かった!
次のW杯開催国はフランス。
若手の多いフランスは、次回大会に期待ですね!


そして…
歴史的ベスト8のJAPANと南アフリカの対戦。

ラグビーのW杯が日本で開催されて、
こんなに日本中が盛り上がって、
平尾誠二さんの命日にJAPANが決勝トーナメントで戦って…
本当に本当に感動です。

新日鉄釜石全盛期の頃からラグビーファンです。
JAPANがNZに145点取られたW杯も忘れません。
アタックコーチのトニーブラウンはNZで現役だった頃からのファンです。

色んな、色んな、想いがあります。

負けてしまったけれど、りつベスト8。
南アフリカは強かった…強かった…本当に。
南アに勝てたら決勝行けるかな…と思ったのですが。

ありがとう、桜の戦士!!
ONE TEAM!


W杯はまだまだ続きます。
今後はオールブラックス推しで応援します。




JAPANは代表を去る選手も多いので寂しいです。
福岡堅樹選手は来年のオリンピックでも観られるかな。
前回のオリンピックではベスト4ですから期待大です。



いつもご訪問ありがとうございます♪

# by tenshinoringo | 2019-10-20 23:09 | ラグビーワールドカップ | Trackback | Comments(2)

始まりはファーブル昆虫記とシートン動物記・・・そしてつくば万博と白衣への憧れ。アンポンタンな短卒派遣社員研究員から苦節10ウン年。大学教員を経て、次なるステップに歩み始めたヘッポコ研究員の日常です。


by tenshinoringo
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る