学位取得までの道のり

すっかりご無沙汰してしまいました・・・

すみません(^^;)



11月末にD論を提出しましたが、
まだまだ学位取得までには長く険しい道のりがございます。

私の大学では、審査が4回開かれます。



第一回審査  審査委員会を立ち上げても良いかどうかの審査
12/18     (〆切までに書類を提出していることが最低条件)

第二回審査  審査委員による論文審査会
1/20      (本人不在、主査の先生がその他の審査委員の先生に責められる日)

第三回審査  本人による非公開公聴会および審査委員による質疑応答
1/26      (45~60分の発表&質疑応答エンドレス←審査委員の気が済むまで)

第四回審査  公開公聴会および審査委員による質疑、審査
2月第一週  (45~60分の発表&質疑応答。この日は一般の人も自由に聞けます)


それなりに厳しいらしく、1,2回目の審査で姿を消すことも多々あるとか。

とりあえず、第一回審査はクリアしました。
第二回は年明けです。

まだ、先は長いですが頑張ります♪


今日はクリスマスですね♪
皆様、良いクリスマスを~~~\(^o^)/


ストーブの前から動かないグータラ息子達。
e0056272_19394213.jpg




人気ブログランキングへ1票
e0056272_126614.gif
[PR]
トラックバックURL : https://polyphenol.exblog.jp/tb/11842769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by む~ at 2009-12-27 15:28 x
4回も審査があるなんて、、、厳しいですね。
私の場合は公開の発表会と非公開の本審査会のみでした。が、、、エンドレスの質疑応答はかなりヘビーですよねぇ。
冷や汗かきまくりだったのを覚えています。
まだまだお忙しいと思いますが、のほほんなお坊ちゃまたちに癒されつつ頑張ってくださいね。
Commented by tenshinoringo at 2010-01-01 20:46
む〜さん>>
なんだかやたらと審査が厳しいようです。
非公開時の質疑応答が一体どれほどなのか・・・
今からビクビクです(T_T)
頑張ります〜
by tenshinoringo | 2009-12-25 19:41 | 博士への挑戦 | Trackback | Comments(2)

始まりはファーブル昆虫記とシートン動物記・・・そしてつくば万博と白衣への憧れ。アンポンタンな短卒派遣社員研究員から苦節10ウン年。大学教員を経て、次なるステップに歩み始めたヘッポコ研究員の日常です。


by tenshinoringo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31