インビクタス 負けざる者たち 試写会

今日は映画の話です。

インビクタス「負けざる者たち」の試写会に行ってきました。

e0056272_23274319.jpg


南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領と
南アフリカ代表ラグビーチームの白人キャプテンが
アパルトヘイト廃止後の混乱する国勢の中、
ワールドカップ制覇へ向け奮闘した実話を、
巨匠クリント・イーストウッド監督が描いた映画です。
主演はモーガン・フリーマン、マッド・デイモン

1994年、南アフリカ初の黒人大統領となったマンデラ大統領(モーガン・フリーマン)は、
アパルトヘイトによる人種差別や経済格差をなくし、国をまとめるために、
95年に自国で開催されるラグビーワールドカップでの優勝が絶対に必要だと考えます。
そこで代表チームのキャプテン、ピナール(マッド・デイモン)に直接自らの想いを伝え
共に”新しい南アフリカ”の為に、W杯優勝を目指し奮闘します。

実はとってもラグビーが好きなわたくし♪
試写会観覧には、当然応募しておりました。。。。
が・・・ハズレたんです。。。私は。

ところが、、、何かと抽選に良く当たる私の母が
当たったというではありませんか!
学位の3次審査も無事に終わって
こんな素晴らしいご褒美はありません!!!\(^_^)/

銀座のヤクルトホールで試写会が行われました。
e0056272_23423037.jpg


深刻な人種差別問題が背景にあるので
見ていて辛い描写が多いのかも???と思っていました。
ですが、見てみると・・・
”暗い””辛い””悲しい”という描写よりも
マンデラ大統領による、国を変えて行くリーダーシップ、
赦しの心、そして前向きな気持ちが大きく描かれていました。
時にしっとりと、時にコミカルに、
マンデラ大統領の言葉がとても響きます。
リーダーシップとか、人を動かす(指導する)というのは
どういう事か、とても考えさせられました。

また大統領の言葉に、徐々に変わっていく周囲の人々が
とっても素敵に表現されています。

そして、そしてラグビーの試合の描写が素敵すぎます!!!
1995年のW杯を忠実に再現しています。
特に、選手!!!
これは、もう、笑っちゃいますよ〜。
当時の試合を見ていた人には、悶絶ものだと思います(笑)
ちなみに、私は1995年のW杯というと
ジャパンが世界最強と言われたニュージーランドのオールブラックスに
145点も取られた・・・というのを強烈に覚えています(笑)

もちろん、ラグビー好きな人には面白いこと間違いナシだと思いますが
そうじゃない人でも、とても楽しめる映画だと思います。
マンデラ大統領の素敵な人柄と
それに感化されて、変わっていく人々(国)、
そして、みんながひとつになってW杯の優勝を目指す・・・
ワクワクドキドキ、そして清々しい気持ちにもなる素敵な映画です。

さすがクリントイーストウッドです。
モーガンフリーマンもマンデラ大統領そのものですし
マッドデイモンがカッコイイのは言うまでもありません(笑)

お薦めの映画です(^_^)b

そうそう試写の前に、ラグビー日本代表の監督、
ジョンカーワン氏のトークショーもありました♪
神とも称される元ニュージーランド代表のカーワン氏。
世界のJ.Kが、日本代表の監督なんですよ〜〜〜
1995年のW杯ではNZ相手に145点もとられちゃったジャパンですが
今は、結構強いんですよ〜〜(^_^)b
J.K監督の指導でどんどん素晴らしいチームになっています。
2019年には日本でラグビーW杯が開催されます。
W杯はサッカーやバレーだけではありません♪
是非、ラグビーも応援して下さいね〜〜

人気ブログランキングへ1票
e0056272_126614.gif
[PR]
トラックバックURL : https://polyphenol.exblog.jp/tb/12061352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画日和 at 2010-02-06 18:03
タイトル : インビクタス/負けざる者たち
“Invictus” 2009年・アメリカ・134分/ワーナーブラザーズ 監督/クリント・イーストウッド 出演者/モーガン・フリーマン マット・デイモン <公開時コピー> ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 <あらすじ> 1995年、ラグビーワールドカップ南アフリカ大会。開催国代表、スプリングボクスは頂点に立つ。そして彼らは、ラグビーの世界で偉業を成し遂げただけではなかった。 アパルトヘイトを国の政策として掲げた南アフリカは、その愚行により社会もラグビーも...... more
Commented by Qちゃん at 2010-01-31 09:24 x
映画の内容を上手にかいつまんで説明されてますね、流石です。
論文発表が好評だった事が良く分かります。
映画を見たり小説を読んで感動しても、それを人に伝えるのは本当に難しいです。
Commented by Ovaldream at 2010-01-31 10:24 x
いつも楽しく拝見してます。元ラグビープレーヤーの現役理系大学教員です。ラグビーの話題で思わず反応してしまいました。この映画はぜひ観たいのですが行く時間がないかも。1995年W杯は日本のラグビー界にとって屈辱の年で、以降坂を転がり落ちるようにラグビー人気も低下しました・・・来年のW杯での日本代表の活躍に期待です。

ともあれ順調な学位審査の進行、良かったですね。もう少しですから
頑張って下さい!来年度は私のところの大学院生が審査を受けるので
ご苦労は参考になります。続報を楽しみにしています。
Commented by tenshinoringo at 2010-02-01 17:59
Qちゃんさん>>
いえいえ、、、お恥ずかしい限りで(^^;)
マンデラ大統領の言葉は本当にステキです。
サクセスストーリーとしても単純に楽しめますし
この映画は、ホントに沢山の方に見て頂きたいですね♪
Commented by tenshinoringo at 2010-02-01 18:07
Ovaldreamさん>>
初めまして、コメントありがとうございます♪
元ラグビー選手→現役理系大学教員でいらっしゃるとは・・・ステキですね!
1995年のジャパンの大敗は屈辱でしたが
ある意味、歴史に強烈に刻まれていることでジャパンが注目される1つの要素でもある気がします。
J.K監督のもと、ジャパンのランキングも徐々に上がっていますよね♪
前回のW杯の試合も、負けはしたものの内容は良かったように思います。
来年、期待したいですね!!!
インビクタス、お時間があれば是非!95年のW杯を本当に良く再現しています♪
そしてマンデラ大統領の言動は、とても心に響きます。
この心意気で行けば、ゆとり王子とも上手くやれるのかも知れません。

学位審査、本日最終審査を終えました!!
ありがとうございます♪
by tenshinoringo | 2010-01-31 00:32 | お気に入り | Trackback(1) | Comments(4)

始まりはファーブル昆虫記とシートン動物記・・・そしてつくば万博と白衣への憧れ。アンポンタンな短卒派遣社員研究員から苦節10ウン年。大学教員を経て、次なるステップに歩み始めたヘッポコ研究員の日常です。


by tenshinoringo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31