卒論発表まであと少し

今日は関東地方でも雪が降りましたね。
日本列島、どこもかしこも寒い!!!

研究室でインフル患者が3名連続して出ましたが
そこでストップしてくれた模様。
現在は、全員復帰て頑張って最後の追い込みに入っています。

データの解析の仕方や、見せ方、PowerPointの作り方等々、
ありとあらゆる知識と技術を1から彼らに教えなければなりません。
研究室には15名を超える4年生がおり、
次から次へと・・・・”せんせ〜〜〜〜!!!(T_T)”と、、、やってくるわけです(笑)
いろいろあって、現在研究室の教員は私一人なので
それはそれはもう、、、、大変です。

でも、一生懸命に接して行く中で、
彼らもその情熱に(?)応えてくれるようになってきました。
100言っても1すら返ってこなかった学生さん達が
1言って10以上は返してくれるようになりました。
(全員ではないですが・・・笑)
この2週間ほどの間での、彼らの伸び率は目覚ましいものがあります。
ろくろくPowerPointもExcelも扱えなかった学生さん達が
見た目も美しく、しっかりとしたスライドを仕上げてきています。

研究内容についても、一生懸命に勉強しています。


まあ、、、私の本音とすれば、、、もっと早くそうなって欲しかった・・・・
という想いがありますが、、、、
たとえスロースタートだったとしても、そうして自分の研究に責任をもって
しっかり勉強して、まとめよう!!!と自主的に動いてくれるようになってくれたので
凄く嬉しく思っています。


何言ってもダメダメだった彼らが、そこそこ良い感じにまとめて来たので
私としては、もっと高い所を目指して頑張って欲しいと思っています。
彼らを褒めて褒めて、調子に乗せて、やる気にさせてます(笑)
是非とも、”○○研究室ってスゲーーーー!!!!”って思われるような発表をして欲しいです。
その一環として(?)、私は学生達に”絶対に原稿を読むな!”という指令を出しました。


これには色々と理由があります。
ひとつは、原稿を読まずに発表したほうがカッコイイから(笑)
見た目にも好印象ですし、先生方の評価も高くなります。

でも、それ以外の理由の方が実は大きいです。
卒論の発表はかなり大きな大講堂で行われます。
下級生、教員などが大勢聴きにきますので、数百人単位の聴衆相手に
発表を行う事になります。
そんなの、私だってド緊張します。
経験の無い学生さん達は尚更・・・・大変な緊張感に襲われること間違い無し。
そんな状況で原稿を読むと・・・・
原稿を読み間違えたり、何処を読んでいるのか分からなくなったり、
スライドとずれたところを読んでしまったり・・・
自分が何をしているのか分からない状況に陥ることが多々あります。
実際にそういった事例を沢山見てきました。


原稿の字面と睨めっこして、それをタダ読むのではなく
きちんと自分のスライドを理解して、何をそこで述べるのかをしっかり頭に入れて
自分の言葉でしっかりと”語る”ようにすれば
緊張はするかもしれないけれど、変なパニック状態になることは大幅にすくなくなります。
また、質疑応答も格段に堂々と出来るようになります。


自分の実験は自分がイチバン良く分かってるんだ!!!という勢いで
ぜひ、ドヤ顔して堂々と自信を持って発表してもらいたいと思います。


あと2週間ほどですが、彼らがどこまで完璧に仕上げてくるか・・・楽しみです。
そして、その為に、私も毎日朝から晩まで、彼らに付き合います!


明日は、原稿無しで行う初発表練習です♪
ちょっと楽しみ♪












いつもご訪問ありがとうございます♪

[PR]
トラックバックURL : https://polyphenol.exblog.jp/tb/14178897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 風の宝瓶宮 at 2011-02-10 11:42 x
おおっ☆ りんご先生、すごいです!!
情熱と愛情をインプットしてきたのが、実を結んできたのですね。
忙しいし、大変でしょうけど、やりがいがありますよね(^o^)
「原稿を読むな」っていう内容、濃くて説得力あります。
(政治家にも読ませたい)
お体に気をつけて、最後まで走り抜いてください。
Commented by む〜 at 2011-02-11 08:32 x
りんごさん、お疲れさまです。
りんごさんの熱意が学生さん達に伝わったのはとてもうれしいことですね。
「原稿読むな!」は私も激しく同意します。学生時代には後輩達に私も同じことを言ってました。
原稿を読むと抑揚がなくなって、聞いている方も眠くなりやすいですし、プレゼンの印象も悪くなりがちですね。
2週間後、学生さん達がドヤ顔のまま堂々と発表を終えることを祈ってます。そしてその隣にはちょ〜〜ドヤ顔のりんごさんの姿が見られるともっといいですね(笑)

ラストスパートがんばってください。くれぐれもインフルには気をつけてくださいね〜 
気が抜けた頃が一番危ないかもですよ。
Commented by cawa-miu at 2011-02-18 18:24
天使のりんごさま
お久しぶりです、冬も峠を越えてきましたね~♪
卒論って、自分の時を考えてみると発表内容をまとめてみて初めて自分のやっていた内容の全容が見えてたような気がします(汗;遅いっ、、)
”原稿を読まない”は私もいつもそうするよう指導しています(こちらは、卒論はないので研究室研修の発表時)、原稿丸読みって絶対だめですよね~
リンゴさんの指導した学生さん、大変だけど終わったあと”よかった”と感謝すると思いますよー。
Commented by tenshinoringo at 2011-02-18 21:29
風の宝瓶宮さん>>
ようやく少しずつではありますが、学生さんたちにも
私の気持ちが伝わってるのかな・・・と思います。
でも、逆に嫌われたりもしますけど(-"-)

原稿を読んで発表するんだったら
他の人が発表したって良いですからね(笑)
自分の発表なのだから、きちんと自分の言葉でプレゼンしてもらわないと・・・と思っています。
キリキリと胃が痛む毎日ですが、頑張ります。
Commented by tenshinoringo at 2011-02-18 21:34
む~さん>>
学生さん達がしっかりやってくれて、他の先生方に評価されたりすると
確かに私も嬉しくてドヤ顔になっちゃいますね(笑)
今日、修士や博士の発表会があったので
良い発表、悪い発表を知る為にも良い機会なので
学生に聞きに行かせました。
聞いた後に”原稿を読んでいるヒトの発表は良くない”と肌で感じたと
後で報告してくれた学生さんが多数いました。
む~さんのおっしゃるとおり、抑揚が無く眠くなる・・・とか
聞く気が無くなる・・・とか。

そう、それを分かってほしかったんですよ(笑)
発表は自分の為じゃなく、ヒトに聞かせる為にあるんですものね。

また一生懸命練習に励む姿を見て、嬉しく思いました。
Commented by tenshinoringo at 2011-02-18 21:38
cawa-miuさん>>
お久しぶりです。ようやく少し冬の峠を越えましたね・・・
って・・・今日、また雪降っちゃってますけど(笑)

そうなんですよね、卒論まとめてる段階で
今更そんなこと聞く???というような
研究の背景や目的を聞いてくる学生さんが多数居ます。。。
一体何してたんだーーーー????
と思いますが、仕方ありません(笑)
他のどの研究室よりも、練習させてますしキビシイとは思いますが
その分、堂々としっかりとした発表が出来ることと思います。
頑張ってほしいです。
by tenshinoringo | 2011-02-10 00:55 | 研究&人を育てること | Trackback | Comments(6)

始まりはファーブル昆虫記とシートン動物記・・・そしてつくば万博と白衣への憧れ。アンポンタンな短卒派遣社員研究員から苦節10ウン年。大学教員を経て、次なるステップに歩み始めたヘッポコ研究員の日常です。


by tenshinoringo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31