反応

年が明け、大学も通常運転。
今週から、新しく配属になる3年生が研究室に来ています。
当たり前のことですが、年々学生さんとの年齢差が開いていくわけで…
「若いなぁ…!」と、毎年新鮮に驚いております。

ただ、若いのにちょっと覇気がない子が多いんですよねぇ…

今日は研究室の教員が3年生達に、
それぞれ自分達のグループの研究説明をしました。
もちろん、目をキラキラさせ、メモを取りながら真剣に聞く子も居ます。
しかしながら、3分の1くらいは、無表情、無反応。
聞いてるのか聞いてないのか…聞いてないんだろうけれど…
(話聞くのも嫌なんだったら、何故この研究室に来たの?と思う)

私にとっては、初対面の学生さん相手に話する事だけでも
かなりのストレスなのですが(致命的な人見知り故)、
加えて「無」になられた日には…もう、ホントに心折れます(笑)

静かなのは良いんですけど、ちょっとは反応して欲しい…

来週から、本格的に各グループに3年生達が配属されます。
私のグループは、のっけからハードな実験内容なので大変かも(^^;)

色々と実験の準備をする為、過去の実験ノートを見返していたのですが、
ここ数年連続して年末年始から年度末にかけて
鬼のようなスケジュールで実験をしていることが判明…
横で実験ノートを覗き込んでいた学生さんが、
あまりの過密スケジュールに驚いていました(笑)

ちなみに今年も同様、なかなかハードです。
加えて少額ですが研究費が1つ採択になりましたので、やること増えました!
(研究費獲得でラボに貢献出来たのでちょっとホッとしていますが…)

ある意味、忙しい事は有り難いことでもあります。

初詣のおみくじで…
「学問:雑念が多すぎる。勉学せよ。」
と書かれていたので、頑張って勉学に励みます(笑)

こちらは全力でお気楽です…
e0056272_17061610.jpeg

いつもご訪問ありがとうございます♪
[PR]
トラックバックURL : https://polyphenol.exblog.jp/tb/26548400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tenshinoringo | 2018-01-10 20:36 | 研究&人を育てること | Trackback | Comments(0)

始まりはファーブル昆虫記とシートン動物記・・・そしてつくば万博と白衣への憧れ。アンポンタンな短卒派遣社員研究員から苦節10ウン年。大学教員を経て、次なるステップに歩み始めたヘッポコ研究員の日常です。


by tenshinoringo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30